2023年度子どもまちづくりクラブだより①~居場所づくりプロジェクト~

子どもまちづくりクラブって?

子どもまちづくりクラブは、東日本大震災後「まちのために何かしたい」という子どもたちの声を受け、2011年7月セーブザチルドレンジャパンが子どもたちに呼びかけて発足。
復興に向けたまちづくりを目指し、“夢のまちプラン”を作成!
実現の第一歩として“夢のまちプラン”の中の色々な想いを一つにし、子どもによる子どものための施設「子どもセンターらいつ」を企画・デザインしました。

現在は、子どもセンターらいつを拠点として、小学5年生から高校生世代までの子どもたちが地域の一員として、まちづくりに取り組んでいます。

2023年度の活動の柱は「居場所づくり」!

2023年度の活動では、2022年度に引き続き「石巻から人が離れないように」「居場所づくりがまちおこしにつながっている」という思いのもと、「居場所づくり」をテーマに活動を続けています。

2022年度の活動についてはこちらをご覧ください
2022年度まちづくりクラブ活動報告①
2022年度まちづくりクラブ活動報告②

「居場所づくり」プロジェクトのコンセプトを考えよう!

どんな「居場所」にしていきたいか、いろんな意見が出た中で「運動ができる」「おちゃっこして、いろんな人で話し合える」「勉強したり、ゆっくりしたりできる」の3つを柱にしようと決まりました。

また2022年度の活動でメンバーから出た「居場所づくり」への思いとして、「いろんな人と交流」「ヒマじゃなくなり日常ハッピー」というキーワードが出ていました。
なので、「いろんな人って、どんなイメージ?」「日常になるためには、どうしたらいい?」と具体的なイメージを話し合いました。
「小学3年生~大学生の人たちにとっての居場所が少ないのではないか?」「違う学校の人同士が交流できる場にしたい」「週2日くらいで行けたら、日常になるのではないか?」などいろんな声があがりました!
結果、自分の足で遊びに行ける小学3年生~高校生を対象に、石巻小学校・住吉小学校・開北小学校の学区内にある場所で「居場所づくり」イベントをすることになりました!

「居場所づくり」イベント開催のための準備を進めよう!

事前にメンバーが地図を見ながら、「住吉公園」「明神山公園」を開催場所候補として決定!
実際にメンバーで下見に行きました。途中、明神山公園の近くにも公園があるということで「羽黒町児童遊園」も下見。

らいつに戻ってからは、それぞれの場所の良いポイント・おしいポイントを話し、どの場所での開催がいいのかを話し合いました。
どの場所もいいけど、他の場所は秋とか夏にしたいねとなり、春に開催するのは「羽黒町児童遊園」になりました!

しかし!羽黒町児童遊園での開催時に借りようと思っていた羽黒会館が、7月まで予約で埋まっていることが判明!
急きょ作戦会議を行い、6月に「住吉公園」で行うことにしました!

6月 イベント「まちクラだよ!全員集合」開催✨

6月開催に向け、どんな情報を載せたらいいか相談しながらチラシを作成したり、直前の準備ではみんなで買い出しをしたり、大忙しい!
実際に住吉公園内にある社務所を借りて、当日のレイアウトやメンバーのシフトを組んだりもしました。

6月17日(土)は晴天!
それぞれの持ち場につき、テントを立てて休憩スペースの確保や受付準備もして準備ばっちり!準備している間もぱらぱらと人が来はじめ、いよいよスタート☆

外では、水鉄砲での水かけや大縄跳び、浮島探検、おにごっこなどをして遊んでいました。
メンバーは「受付はこちらでーす!」「水鉄砲は人が通るときはとめてくださいー!」などの声をかけながら、参加者と一緒に盛り上げていました。

社務所内では、おかしを食べながらゆっくり過ごす参加者がいたり、メンバーからの「最近学校どう?」という話からみんなで学校の話をしたりもしていました。

今回は小学2年生から高校生までの18名が参加し、お母さんたちからは「次いつやるんですか?」と聞かれたりもしました。

メンバーからは「みんなが楽しめたのでよかった」「話を広げることができた」や「もうちょっと人が来ると思った。まちの掲示板に貼ったりしたい」「受付にチラシを貼ったり、イベントの説明ができるようにしたい」という次回に向けての感想もでていました。

夏休みお楽しみ企画を考えよう!

6月のイベントのふりかえりとともに、メンバーから声が上がったのが「夏休みお楽しみ企画」✨

どうしてやりたいのか、活動を通してまちづくりクラブがどう変わるのか話し合い、「自分の個性を活かしながら他人の意見を尊重し、企画力を養い、つながりを大事にできる」ことを目的に開催しようと決まりました。
目標を達成するために、「料理」「オタ活(みんなのすきなもの)」「ゲーム」「こんなことやってます(活動紹介)」「お泊り」などを企画しました。
残念ながらお泊りはできませんでしたが、一日の企画としてスケジュールと企画を考えました。

夏休みお楽しみ企画当日!

8月19日(土)まずはみんなで地域のお店で買い物をしようと、食事の買い出しへ。料理は「カレー」に決定!

らいつに戻ってからは、自己紹介をし、まずはお楽しみ企画として好きなことについて話そう!
「推し活」を企画メンバーが司会進行しながら、「好きな色」「好きな食べ物」など引いたお題について話をしました。
次のお楽しみ企画は人狼ゲーム。メンバーが持ってきたカードを使い、人狼や村人に分かれ、ゲームスタート!
村人を守れる騎士と役職が分かる占い師が実は最初に倒されているというハードモードの中、人狼が積極的に議論を回し信用を得たことにより、ほぼ初めまして同士の人狼でしたが、人狼側が生き残り最後はハイタッチで見事勝利!

お楽しみ企画が終わったらみんなで夕飯づくり。野菜を切る人、使った道具を洗う人、炒める人それぞれ必要な役割を声掛けをしながら分担し、カレーを完成させました。
最後はカレーを食べながら、今後の活動について話をしました。

2022年12月に話した「まちづくりクラブとしてやりたいこと」を振り返りながら、今後の活動では「震災」「石巻の魅力」「施設」をテーマに、「インタビュー」「発信」「居場所づくり」をしたいという意見が出ました。

活動の頻度なども話し、毎月土曜日の2回開催が参加しやすいという意見が多かったので、今後の毎月第1・3土曜日の2回開催することにしました。
今年度から参加したメンバーや受験などで忙しくなかなか参加できていなかったメンバーが集まり、顔を合わせる機会になりました。

 

関連記事

  1. 【活動報告】青春力「デイキャンプ」を開催しました✨

  2. 【案内】6/17(木)子ども子育て支援者講座「ボランティアコ…

  3. 【らいつだより3月号!】

  4. 【大人のみなさんへ】5/5は、子どもの日!子どもの声を伝えよ…

  5. 【イベント開催】8/9(日)EarthTeens「夏は川であ…

  6. 【子ども会議の活動報告part1】見守り隊について☆

最近の記事

PAGE TOP