【まちづくりクラブ活動報告会開催しました】

 

 

 

 

石巻をよりよいまちにしたいと活動に取り組むまちづくりクラブでは、2021年は「防災」をテーマに活動しています。
11/21(日)、らいつに遊びに来ている子や保護者の人、地域に住んでいる人に向けて、夏休みから取り組んでいる「防災マップ」の地域報告会を開催しました。

はじめに

今回の地域報告会には、商店街の方や、らいつを利用する乳幼児保護者の方など13名の皆様に参加していただきました!!
まず、はじめに、まちづくりクラブメンバー(以下メンバー)から開会のあいさつの後、まちづくりクラブの紹介とこれまで取り組んできたことを報告しました。
2021年度のテーマである「防災」は、2021年3月に開催した石巻視察ツアーがきっかでけです。“学校”“障害”“防災”“交流”をテーマに4名の地域の方々に話を聞き、まちづくりクラブで取り組めることはないかを考えた結果、「防災」をテーマに活動していくことにしました。
そして、夏休みには、「防災」をテーマに、まち歩きや非常食体験、お互いの東日本大震災の経験を語り合う会などの企画を行いました。

※防災をテーマに行った夏休み企画については、こちらをご覧ください!
夏合宿記事①  https://ishinomaki-cc.jp/2021/08/29/20210829machidukuri/
夏合宿記事② https://ishinomaki-cc.jp/2021/09/04/210808machidukurikurabu2/

 

そして、今回のメインである防災マップについて、メンバーから報告!!防災マップは、石巻小学区、住吉小学区にそれぞれ2チームに分かれて、つくりました。2つのチームでまち歩きをして、危険な場所、安全な場所などを大きな地図に写真や、説明を手書きで地図にまとめました。
またこの防災マップには、防災だけでなく防犯についても触れ、注意しなければいけない点もあることも報告しました。

活動発表

1 石巻小学区の発表 2 住吉小学区の発表

 

 

 

 

 

各チーム、地震や津波の際に気を付けなければいけない場所、防犯に適している道や不審者が出る場所などまち歩きをしてみてきた場所を紹介しました。
石巻小学区を回ったチームでは、瓦や古い建物などの危ない点を見つけて紹介していたほか、かまどベンチや防災トイレなど被災後に役立つ場所も紹介していました。
らいつの一時避難場所である羽黒山についても、「羽黒山に向かうための道の一つは、屋根が落ちてきそうなど衝撃を受けたら壊れそうな場所もありました。
また、細い道よりも大きい道の方が良く、大通りの電柱には、避難場所までどれくらいといった表記もあるため安心して逃げられると思います。
ですが、階段が急なので避難する時には注意が必要です」などメンバーが感じた点を発表していました。また、実際に避難するときのことも考えて、
土地勘のない人に対しても「電柱には、避難場所まで〇mといった表記があるため大通りから逃げると良い」と発表時に提案していました。

住吉小学校学区を回ったチームは、もしも津波が来た際に、避難できる高台や防犯対策の道路、冠水の多い駅裏など幅広く着目しました。
地震や津波の時に避難するための情報が多い中で、駅裏の防犯ロードといった市の対策についても紹介していましたが、街灯が少なく日常でも不審者などに
遭遇する恐れのある道や水はけが悪く、浸水しやすい場所など地震津波の時以外の着目点も多く説明しました。

発表の最後では、「大通りから避難や帰路につくことをこのマップから気づいてもらえればと思います。」と利用者の帰路などといったマップを見てもらいたいと「らいつ利用者」に向けたメッセージについても発表していました。

意見交換タイム

 

 

 

 

メンバーからの発表が終わった後は、いよいよ意見交換会!
まずは、きていただいた地域の皆さんに防災マップをじっくり見てもらいました。
防災マップをみて、気になるところがある参加者が、近くにいるメンバーへ質問する場面も。メンバーからも積極的に声をかけ、
みてきたポイントごとに説明していました。

 

 

 

 

 

その後のグループセッションでは、グループごとに呼ばれたい名前など自己紹介をしてから、マップの良かった点、
このようにしたらよいのではと思う点などを話し合い、参加者の皆さんからは「防犯も入れているのが良い」や
「津波の高さは標高で変ったから入れてみたら」などの声がありました。

 

 

 

 

 

 

意見交換の際、メンバーはメモを取ったり、参加者の話から自分の意見を伝えたりするなど、これから完成に向け進めていこう!
よりよいマップにしよう!という意識を感じ取ることができました。

〇非常食体験

 

 

 

 

地域報告会の最後には、メンバーが夏の防災合宿でも食べた一部の非常食を、コロナ対策をしたうえ、参加者の皆さんにも食べていただきました。メニューは、「ハンバーグ」「おにぎらず」「えいようかん(チョコ味)」。参加者からは、「給食みたい」といった声もあり、このコロナ対策の雰囲気も楽しんでいる様子もありました。メンバーから非常食は腹もちが良いことや、実際に合宿で食べてみた際の話をすると、「確かに!満腹になるね」といった話をしている参加者もいました。

 

参加者の皆さんから頂いたアンケートでは、「子どもたちの防災への思いが伝わり、街のために何かしたいという行動をマップづくりを通して感じた」や「自分たちで防災マップを作ってととてもすごいと思いました。もっと良いものになるよう頑張ってください」などのメッセージが多くありました。

まちづくりクラブでは、地域報告会で、もらった意見を生かし、3月の防災マップ完成に向けて、活動を進めていきます。今後の活動もお楽しみに!

関連記事

  1. 【\中高生限定/ 青春力「SKATE PARTY」を開催しま…

  2. 【イベント案内】10/2(土)、10/9(土)まちづくりクラ…

  3. 【報告】らいつの日006(6周年記念イベント)実行委員会 開…

  4. 【活動報告】まちづくりに子どもの声を伝えよう!「まきトーーー…

  5. 【イベント案内】8/16(日)青春力「浴衣で花火」(中高生限…

  6. 【案内】2/6(木)子ども・子育て支援者講座「子どもの声から…

PAGE TOP