【子ども会議の活動報告☆】

6月21日(土)と6月24日(土)に子ども会議を行いました!
子ども会議とは、利用者の代表として子ども会議メンバーがみんなの声を聞いて、らいつのルールや使い方を話し合って決めたり、利用者みんなの声をまとめて発信したりする活動です。

3月かららいつが休館で集まれていませんでしたが、5月にオンライン子ども会議をして以来の開催で、直接みんなで会って会議したのは4か月ぶり!!

21日の子ども会議では、すっかり学年の上がったメンバーとともに、『今年の子ども会議のルールと目標』について話しあいました。
最初に「子ども会議の活動ってどういう活動?」と聞くと、「らいつのルールを決めたりすること」「らいつに遊びに来た子が楽しいと思えるように話しあったりすること」など自分の言葉で子ども会議の活動を表現していました。
子ども会議のルールについてでは、「ルールがあるならあるで守れるけど、なかったら楽しめる」「ルールってしばってるみたい」という意見が出ていました。また、今年の子ども会議の目標についてでの話し合いでは「らいつのことをいろんな人に知ってもらう」という意見から「アンケートを設置して子ども会議で集計してメンバーで意見を出す」という具体的なアイデアまで出ました。
さらに、話し合いの中で、あまり子ども会議の活動をらいつに遊びに来ている人たちに広報できていないよねと出たことから、今回から話しあった内容を子ども会議メンバーがまとめて新聞にすることになりました!!すごい!!

続いて、24日の子ども会議では、『今のコロナ対応のらいつ利用方法と7月に行われる運営会議(子どもとおとなの代表が参加し、らいつの運営について話しあって決める会議)での活動発表』について話しあいました。
今のらいつの利用方法について子ども会議メンバーに聞いたところ「体温をはかるのめんどくさい」「ごはんを食べれない…」など正直な意見が出てきました。その上で、どうしてらいつが制限をかけたり、利用方法を変えているのかについて説明をし、それじゃあみんなが「めんどくさい」と思っていることをどうしたらよくなるのかについて話しあいました。
また、運営会議での子ども会議の活動発表の方法を考える時間では「劇でやったら?」「ポスターを作って発表する!」などいろいろなアイデアが出てきました。最終的にみんなで多数決を取り決めました。今までの活動から発表する活動を選び、発表を聞く人たちが楽しめるようにクイズ形式で発表をすることになりました。
次回7月11日(土)は、らいつの夏祭りについて話しあっていきます!

★子ども会議の詳しい内容は、早速完成した子ども会議新聞NO.1、No.2をお読みください♪

関連記事

  1. 【第1回子どもセンター運営会議を開催!】

  2. 【報告】らいつの日006(6周年記念イベント)実行委員会 開…

  3. 【開催案内】1/19(日)らいつの日006(6周年記念イベン…

PAGE TOP