石巻市子どもセンター らいつ
石巻市子どもセンターらいつは、0~18歳までの子どもが自由に遊ぶことができる児童館です。

   DSC00282.JPG    DSC00282.JPG    DSC00282.JPG  





 石巻市子どもセンター らいつとは?

  プログラム

  ・乳幼児

  ・小学生以上

  ・中高生

  子ども参加事業

  ・子ども会議

  ・子どもまちづくりクラブ

  ・子ども企画

  ・BigVoice

 カレンダー

 リンク

★石巻市子どもセンター らいつとは

 石巻市子どもセンター らいつは、2011年秋より公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが実施した子どもによる復興に向けたまちづくり活動「石巻市子どもまちづくりクラブ」のメンバーが企画・デザインした児童館です。
子どもセンターのコンセプトは「石巻の活性化のために中高生が中心となってつくり、運営をする施設。みんなが過ごしやすく、子どもの想いを世間の人たちに伝えられる場所」そこには、おとなだけでなく、子どもたちも復興について考えたい、自分たちの思いや意見をしってもらいたいという思いが込められています。
2011年秋からの約2年半の活動の中で、石巻市子どもまちづくりクラブはメンバー自身をはじめ、地域の多様な子どもや乳幼児を持つ保護者などに子どもセンターの使い方を聞き取り、それらの声を反映して建物の企画・デザインを進めました。
2013年12月、建物の竣工とともに、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンより石巻市に寄贈され、2014年1月に石巻市の児童厚生施設(児童館)としてオープンしました。

■子どもの権利と子ども参加を柱に

 石巻市では、平成22年に「子どもの権利に関する条例」が制定されました。条例には、子どもの「生きる権利」「育つ権利」「守られる権利」「参加する権利」を保障することが謳われています。
らいつはその実践であり、子どもの声を反映した運営を行っています。
また、子どもの声を社会に向けて発信する子ども参加の拠点となっています。

■愛称”らいつ”の由来

 英語で”rights(権利)”、”lights(ひかり)”の2つの意味をもたせ、子どもの権利の拠点として、未来の希望のひかりとして子どもセンターが存在するという願いが込められています。


石巻市子どもセンター らいつ 

〒986-0824 宮城県石巻市立町1丁目6番1号 
TEL:0225-23-1080 FAX:0225-23-1081